FC2ブログ

2020-01

罪の重さ、旅の重さ

無自覚で凶悪な少年犯罪が続きます。成長とは、教育とは、あるいは更生とはどういうことなのかが問われています。
映画「旅の重さ」は悩みながらも傷つきながらも自分の生き方を見つける物語ですが、最近の少年犯罪には「罪の重さ」どころか、悩んだ傷ついた形跡もない犯罪も増えてきています?

tabinoomosa.jpg

「旅の重さ」というすこし観念的な題名には「旅」の持つそういうイメージというか、そういう役割も持っていたことを示すものです。
「罪」もある意味観念的だけど、刑法的には明確でなにより自ら恥ずべき行為として、にもかかわらず犯してしまったことに普通、人間は呻吟するはずだった。
光と闇、善と悪、人間に与えられたのはその間に身を置き、悩み、傷つき永遠に答えのないまま未来に進むことだった。
ファンタジーのテーマはすべからくそうですね?
でも今の分かりやすい単純な2元論はあるゆるところに弊害をもたらしつつあるかもしれない。
大阪大学の菊地教授も明確であるような科学ですら2元論では語れず、そういうあいまいなものを切り捨てていくのではなく、誠実に考察を重ねていくべきものだと言ってます。
少年犯罪等はあまりに無自覚で、2元論的な考え方に陥りがちだけど、あまりうのみにするとゲーム脳などというニセ科学もセットにされてしまいます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pmoon.blog80.fc2.com/tb.php/54-a0e77547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

(ペ)スタッフ

Author:(ペ)スタッフ

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カテゴリー

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク