2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エボラ出血熱を救うか富士フイルム

西アフリカのギニアやシエラレオネ、リベリアなどで猛威をふるっているエボラ出血熱の治療に、日本の富士フイルムホールディングスのインフルエンザ治療薬「ファビピラビル」が有望視されている。(J-CASTニュース)

フィルムメーカーから華麗な変身を遂げた富士フィルムだけど、やはり異分野からの参入は医薬品まで目利きな開発力をもちますね。
エボラ出血熱は、エボラウイルスによる感染症で発熱や頭痛、下痢などを発症したあと、全身からの出血や多臓器不全に至る。致死率は90%超と高く、ワクチンや治療法(いずれも未承認段階)も現在見つかっていないから、期待は大きいのだ。

36321240.jpg

異分野からの発想は新たな道を切り開きますね。
文化も科学の進歩も人類の進化と同様に?アウトサイダーが鍵を握ります。
空気感染するわけではないから、爆発的な広がりにはならないと思うけど、まだまだ未知のウィルスだからね。
わざと感染してテロ行為のように持ち込まれる可能性だってあるのだ。

映画「復活の日」のようなリスクがないわけではないのだ。
スポンサーサイト

テーマ:医療ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pmoon.blog80.fc2.com/tb.php/3569-b562c45a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

(ペ)スタッフ

Author:(ペ)スタッフ

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カテゴリー

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。