FC2ブログ

2020-01

「あるある大辞典」の捏造も許されないけれども

今日はフジテレビで例の関西テレ「あるある大辞典」の捏造検証番組が放映されます。関西テレビはすでに民放連も除名されているけど…。

tubuyakiiwanohimitu.jpg

ぼくはこれが厳しいのかどうかわからない。
ずさんな管理があきらかになった不二家は山崎製パンの傘下に入り、かつてやはり問題を起こした雪印は消滅してしまった。
食品だとか身近なものだとか民間には、やはり反応が厳しかったり叩きやすかったりするのだろうか?社保庁の件もひどかったのに誰も責任を取らず(と思ったけど)、各電力会社の原発事故隠蔽もひどいものです。
とりわけ北陸電力の臨界事故隠しなどは人類・地球そのものを危険にさらすものなのに、この穏やかな対応の温度差はなぜだろうか?
某大臣のなんとか還元水もそうですね、明らかにおかしいのに、明らかにより身を律すべき立場の人なのに…。
法の、道徳の、あるいは適用のバランスがおかしいような気がします。
マンガ・アニメ・ゲームもそうですね。問題は他にいくらでもあるのに、なにかしら問題が起きると矛先が向かいがちです。
弱いものいじめのようなもので、いちばんやってはならないことではないの?
人間の目にはには新しいもの、異質なものには常にバイアスがかかっていると思うべきです。
そのバイアスを取り去り、あたりまえと思われていた既存のものにしっかり目を向ければ、もっと異様なものがそこに見えてくるのではないのかなあ。
そこにこそ立ち向かうべきものがある…なんてね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pmoon.blog80.fc2.com/tb.php/106-d73ca214
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

(ペ)スタッフ

Author:(ペ)スタッフ

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カテゴリー

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク