FC2ブログ

2014-06

まぼろしのたんぽぽ娘

あれは若葉芽吹く春のころだった。
K市民公園を散歩していると、芝生のあちこちからたんぽぽが咲いていた。
手の良く入った公園で、茎の短いたんぽぽだから古来からの在来種なのだろう。
子供のころはよく茎を折って、笛のように吹きながら歩いたなあ。
あまり気持ちがいいものだから、芝に寝転んでたんぽぽを取って鳴らしてみる。
kokusyokusumire.jpg
いつの間にいたのだろう。
ふと、後ろを見るとやや離れた桜の木にもたれてセーラー服の女の子が本を読んでいる。
いい大人のたんぽぽ笛聞かれてしまったか。
早々に起き上がって退散だ。
公園の出口まで来て、すこし名残惜しくなり振り返った。
女の子の姿はなかった。
風のように消えてしまっていた。
桜の精なのか、たんぽぽ娘か。
老いてもなお、少年のころのように世界の秘密が覗けたのだろうか。
5時の時刻を告げる唱歌が流れ始めた。

【CD】黒色すみれ/すみれ詩手帖

世界中から注目を集める2人組ユニット≪黒色すみれ≫1年半ぶりの6thアルバムのテーマは「大正ロマン」。
収録曲14曲中7曲に大正浪漫文学の巨匠、北原白秋の詩が黒色すみれの歌、ヴァイオリン、アコーディオンと融合してノスタルジックな旋律を奏でます。
収録曲「たんぽぽ」では斎藤ネコが編曲を担当。
スポンサーサイト



テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

«  | HOME |  »

プロフィール

(ペ)スタッフ

Author:(ペ)スタッフ

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カテゴリー

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク