FC2ブログ

2011-11

芦田愛菜 高峰秀子

芦田愛菜があまりに忙しそうでとうとう就学問題まで問われるようになってきた。
ドラマ『マルモのおきて』や『さよならぼくたちのようちえん』の演技が評価され『東京ドラマアウォード2011』主演女優賞に選ばれたときも授賞式は途中退席となっていたからね。

僕は『さよならぼくたちのようちえん』が大好きなのだが、まさに実年齢なのだ。
愛菜ちゃんにはドラマでない、こんな冒険を今、楽しめる環境になってもらいたいものです。
将来、高峰秀子ほどになるやもしれない名子役なのだよ。

img69627769.jpg

【DVD】さよならぼくたちのようちえん
2011/6/22発売 価格 3,990円 (税込)

あの涙なくして見られなかった名作テレビドラマ「Mother」の脚本家 坂元裕二が、「Mother」の子役 芦田愛菜のために?書き下ろしたのが、「さよならぼくたちのようちえん」。
たった1日の幼稚園児の冒険のロードムービーだけど、ほんとうにうまいです。
冒険の旅の途中、仲間の友だちが一人ずつ落ちこぼれていくのだが、いかにも園児にはありそうなエピソードで、あの知らない町、人への好奇心、不安というのは懐かしく思い出してしまった。
突然楽しかった冒険が、人が、町が怖ろしいイメージに切り替わり、たまらなく不安になるのは今でも鮮烈に思い出す。
僕の冒険はあんなに立派な目的を持ったものでもなんでもなかったけど、子供なので後先も考えずに行っちゃうことってあります。
子供とはいえ、群像劇なのでそれぞれの個性もありますしね。
ちょっと、やはりお母さんのお見舞いで病院を探して迷子になるメイちゃん(となりのトトロ)も思い出しちゃったよ。
カンナちゃんのささやかな冒険は友だちに生きる勇気を与えてくれたのでした。

【BOOK】まいまいつぶろ/高峰秀子
発売日:2011/11/25予定 価格 1,470円 (税込)

初めて綴ったその出演作や演技論、人物活写、撮影中秘話・・・。名随筆家・高峰秀子の原点となった初期エッセイ集。自筆カラーイラストなど多数収載。


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

(ペ)スタッフ

Author:(ペ)スタッフ

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カテゴリー

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク