FC2ブログ

2011-03

渡辺淳一 「作家生活40年 男と女 悦楽の甘き誘い」

まあ、もちろん行ったことはないんですけどね。
銀座シネパトス(東京)では2月5日から3月4日まで「渡辺淳一 作家生活40年 男と女 悦楽の甘き誘い」を上映中です。

銀座シネパトスが2009年から開催している「日本映画レトロスペクティブ-第19弾」で、1970年に「光と影」で直木賞受賞以来、作家生活40年を記念して、中年男女の性愛を描いた小説の映画化された作品11編を特集するもの。

かつての医療サスペンスのイメージはすっかりなく、下手なアダルト作品よりよほどエロく、しかも文学の名の下に安心して見に行ける渡辺淳一先生です。
「渡辺淳一 作家生活40年 男と女 悦楽の甘き誘い」というくらいですからね。

imge3283db2zikazj.jpg

「失楽園」(役所広司、黒木瞳)「愛の流刑地」(寺島しのぶ、豊川悦司)「ひとひらの雪」(秋吉久美子、津川雅彦)などはよく知られるところだけど(役者もエロっぽいです)、「阿寒に果つ」(五十嵐じゅん、三浦友和)もそうだったのか。
いやあ、文学はエロスだよなあ。
草食系男子諸君、昭和の男はこんなにもしつこくエロいのだよ。
そして、また女もしかり。
想像力の物語系エロスをときにはたっぷりと味わってみましょう。

渡辺淳一はこちら


ここ地元の岐阜にも昭和名作シネマ上映館 ロイヤル劇場があるのだから、ぜひ上映してもらいたいものです。

royal1101.jpg

来週からは溝口健二監督特集ですね。
もうすこし、ナンパなものがあってもいいのになあ。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

(ペ)スタッフ

Author:(ペ)スタッフ

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カテゴリー

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク