FC2ブログ

2010-09

筒井康隆 「現代語裏辞典」

筒井康隆にはすでにA・ビアス「悪魔の辞典」のパロディというべき「乱調文学大辞典」があるから、いわばその集大成なのかもしれないのが「現代語裏辞典」。
なんといっても収録語数は12000語といいますからね。
「乱調文学大辞典」でも見かけたような言葉もあるけど、変わらず好きなのは言葉遊び、パロディですね。
前はビックリハウスやボキャブラ天国でもずいぶん傑作がありましたが、最近もタカアンドトシがやっている「フットンダ」という言葉もじりの番組もまた出来ています。
僕のお気に入りは「島歌」の「デイゴの花が咲き…」のもじりの「姪っ子が相武紗季」ですかね。
また逮捕されてしまったけど、古くは清水健太郎の「失恋レストラン」のもじり「失恋レズビアン」というのも傑作だった。
本歌取りの極みでしょう。
元歌よりよほど哀切が募りますって。

もちろん、「書評=読んだ時間の謝礼はなく原稿料のみ」などのA・ビアスばりの毒に満ちた言葉も楽しめます。

32458592.jpg

現代語裏辞典
筒井康隆/著
出版年月 2010年7月 税込価格 2,415円


現代語をエスプリと毒たっぷりに定義しなおす前代未聞の書、8年の執筆期間を経て完成。項目数12000。作家の唯一無二の発想がいかんなく記され、あらゆる常識を吹き飛ばす。もっとも笑いに満ち、もっとも危険で、もっとも豊かな辞典。

筒井康隆はこちら
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

(ペ)スタッフ

Author:(ペ)スタッフ

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カテゴリー

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク