FC2ブログ

2010-08

映画 エマニエル夫人

ずっと大人っぽく、こんな映画ポスターもあります。
少年期といえば性への憧れでしょう。
1974年はストリーキングが初めて登場した年でもあったらしいけど、当然ネットもなく、とりわけ少年少女たちにはまだまだ秘められた世界だったのだ。
そこに現れたのが「エマニエル夫人」だった。
まあ、在庫のあるのは「続エマニエル夫人」ですけど。
ソフトフォーカスな映像は美しく、いささか文学的な香りは性描写や背徳性を心の隅に上手く押しやるのに成功し大ヒットした。
女性もある意味、安心して劇場に足を運べたのだった。

img62762849.jpg

籐椅子のエマニエルとかスカッシュシーンとか今でもフラッシュバック的に思い浮かべるような映画ですね。
映画「ノストラダムス」が終末思想というかオカルトをマニアックな世界から大衆の世界に引きずり出したとするなら、「エマニエル夫人」は性の解放をマニアックな世界から大衆の世界に引きずり出してしまったのだろうか。
まったく、あからさまな時代となった。
「秘すれば花」というのが日本の伝統なんですけどね。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

(ペ)スタッフ

Author:(ペ)スタッフ

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カテゴリー

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク