FC2ブログ

2010-08

これもまた「寄席の人たち」 うめ吉デビュー10周年の軌跡「ALL ABOUT UMEKICHI /うめ吉」

寄席に関わる様々人々、高座のみではなく裏方・周辺すべての人たちもあっと驚く人生を抱えていたりするのを教えてくれるのが、「寄席の人たち」です。
回り道、道草、理不尽すべてのものが生きてくる世界は、いささか不条理だけど豊かで面白く、そんな世界のひとつが「寄席」なのだ。
まったくどんなきっかけでどんな人生が待ってるか分からない。
紙切りの名人は不器用で工作の苦手な引っ込み思案の少年だったり、だまされたり、理不尽だったり、きっかけは様々だけど、いつしか惹かれその世界で、過酷だったかもしれないけど豊かな人生が溢れてくる…
と思わせてくれます。
ただみんな中途半端でないことは確かです。

img60971831.jpg

【BOOK】寄席の人たち 現代寄席人物列伝
2007/04発売 価格 1,800円

2008年 第21回 大衆文学研究賞・評論・伝記部門受賞

噺家、紙切り、三味線漫談、漫才師、講釈師等々…。芸人だけではなく、
席亭、お囃子さん、寄席文字の師匠など寄席を支える「寄席の人たち」10名を徹底ルポ。
意外な人の意外な素顔と、悩みとおかしみと波乱に満ちた人間ドラマ…。
読んでおもしろく、知ってためになる、そして何より寄席に行きたくなる、極め付けの本。

[目次]北村幾夫(末廣亭席亭);柳貴家小雪(大神楽);稲葉千秋(お囃子)
;北見マキ(手品);宝井琴調(講談);林家正楽(紙切り);橘左近(寄席文字書家)
;三遊亭小円歌(三味線漫談);あした順子・ひろし(漫才);三笑亭夢丸(落語)


俗曲師「桧山うめ吉」さんもそうですね。
実は「落語天国」の店長さんのブログを読んではじめて知りました。
すごい世界がある…。

img62498650.jpg

【CD】ALL ABOUT UMEKICHI /うめ吉
2010/07/21発売 価格 3,000円 (税込)

うめ吉デビュー10周年の軌跡10th year anniversary

寄席の色物芸人として異例の抜擢を受け史上最年少俗曲師「桧山うめ吉」誕生と2001年メディアをにぎわし、すぐにお座敷民謡CD「お国めぐりで」その歌声が話題となり和洋折衷のサウンド三味線ブギウギが入った「蔵出し名曲集」で人気は国内外でうなぎ上り、その後ビクター、テイチクとアルバムを発表、海外公演もさかんに行うなどの和風アーティストでは異例の活動を展開。

そんな10年の活動の軌跡とともに其の活動の裏に埋もれた未発表の楽曲、古典楽曲のクラブバージョンアレンジ、フレンチポップ、ドイツ語楽曲などにも初めて光を当てたアルバム。どれをとってもうめ吉のノンジャンルで柔軟な音楽性を遺憾なく発揮した仕上がり、なぜ制作当時、世に出なかったかをウラ読みする楽しみにみちあふれているアルバム問題作。

極私的マイノリティ倶楽部はこちら

スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

(ペ)スタッフ

Author:(ペ)スタッフ

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カテゴリー

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク