FC2ブログ

2009-10

鉄道は旅、鉄歌(てつうた)~鉄道会社の歌

電車・鉄道は好きだったのかもしれない。
今はJRのブルートレインも名鉄のパノラマカーもなくなってしまった。
SF作家の小松左京も「乗り物に乗ること、乗って旅をすることは過去においては楽しみであり、人間らしい娯楽だった。今の新幹線は子供以外はおそらく移動の手段に過ぎません」と言っていたけど、移動の手段も大事だけど、ブルートレインなど旅のできる乗り物も欲しいです。
僕は今はない美濃町線で、子供の頃、線路に耳を当てたりしていて、こっぴどく怒られた。
のんびりした時代でもあったのだ(それにしてもむちゃくちゃ危ない!)。
良い子は決してしてはいけません。

KICS1497.jpg

鉄道ファンならば是非とも揃えておきたい究極のコンピが登場!

鉄歌(てつうた)~鉄道会社の歌/監修:弓狩匡純
発売日: 2009/10/07 ¥2,500

伝説ともなったJR九州の社歌「浪漫鉄道」を始め、鉄道精神がたっぷり注ぎ込まれた名曲の数々がここに初めて集結!
全国の鉄道ファンが待ちに待った夢のコンピレーションが出発進行!
全国の鉄道会社の社歌や応援歌、イメージソング、CMソングがぎっしり詰まった必携の1枚です。
2007年に制定されたJR東海の社歌や道産子であるヒットメーカー 森田公一氏がしたためたJR北海道の社歌「北の大地」は迫力満点。
印象的なフレーズが涙腺を刺激する東武鉄道100系スペーシアのCMソング「私を連れて帰ろう」や、鉄道ファンとして知られるくるりのリーダー岸田繁氏の渾身の一曲である京浜急行の「赤い電車」など鉄道各社のCMから選りすぐった名曲の数々もじっくり味わえます。
また、戦前のオリジナル音源を収録した旧・ 国鉄社歌「鐵道精神の歌」は貴重盤!
監修は著書『社歌』が話題となった弓狩匡純氏。収録各曲の制作秘話やエピソードが満載の解説付きです。
さぁ、時刻表を右手に、駅弁を左手に、鉄歌を心に旅に出よう!

充実した解説付きの豪華ブックレット仕様
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

(ペ)スタッフ

Author:(ペ)スタッフ

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カテゴリー

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク