FC2ブログ

2008-10

自由書房本店の閉店、地方書店の現状

書店の現状は厳しい。
とりわけ地方の中小零細書店は厳しく、もう残りうることさえ出来ないかもしれない。
岐阜でも老舗書店チェーン「自由書房」が本店の閉店が決定した。
もちろん近くの岐阜高島屋自由書房EX店に役割を引き継ぐものとはいえ、これで岐阜市中心部の神田町通りにあったやはり老舗書店大衆書房(2003年閉店)と並んで、岐阜の文化の礎となってきた本店がなくなってしまうのだ。

jiyu1.jpg

都市型大型書店の台頭は品揃えも充実してマイナーな書籍も手に入り易くなっているかもしれないけど、なにか映画のシネコンの普及のように映画館数は増えたけど、実際は大作で占められて意外に見ることの出来ない状況は変わらないような、むしろ個性的な上映館、封切りでない二番館が淘汰されたことで、ほんとうの映画としてはどうなのだろうという気もします。
でもそれで間違いなく映画人口は増えているのだけど。
書店の状況も同じような気がしますね。

画像は岐阜の自由書房のブックカバー(第10回書皮大賞受賞)。
安野光雅作品。
本末転倒ながらお客さんに「折らないで」と言われることもあるらしいほど誇らしい。
ほんとうに文化の担い手だったのだ。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

(ペ)スタッフ

Author:(ペ)スタッフ

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カテゴリー

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク