FC2ブログ

2008-05

アニソンとJ・ポップ

昨日は「こどもの日」でNHKを見ていたら「ディズニーとジブリの歌特集」というのをやっていた。
子供に限らず、歌もアニメも映画も大ヒットするようになったから、もうメインカルチャーなのだろう。
日本では最近、アニメの主題歌はトップアーティストが歌うことが多くなったけど、考えてみればアニメの黎明期においても「鉄腕アトム」の作詞は詩人谷川俊太郎だし、「リボンの騎士」「ジャングル大帝」などの」多くの手塚作品を手がけた作曲家は巨匠富田勲だった。
「あしたのジョー」の作詩も寺山修司だしね。情熱が迸っています、強く。
ジブリは久石譲だし、ディズニー作品も「星に願いを」など本当に美しい曲が多いです。
ponyo.jpg

ところで「タモリ倶楽部」などで有名な元ヘビメタ「メガデス」のギタリスト マーティ・フリードマンは大の日本好き、J・ポップ好きだけど、彼によれば日本の音楽は米国より魅力にあふれ、今後の可能性も大きいという。
いちばんの理由は、異なるジャンルの融合が行なわれること。
米国ではヒップポップの専門局はピップポップ、ロックならロックしかかからないらしく、曲想、コード、アレンジ等が他のジャンルから影響を受けることはない。
そのたこつぼ化が音楽の進歩を妨げ、衰退を招いているとし、日本ではロック、ジャズ、ラテン、歌謡曲、演歌などあらゆるものが同時に存在し、影響を受けあっているという。
また当たり前ではあるけれど、米国ではうまいことばかりが評価される(音域が広いなどスペックで評価される)のも目指す方向がひとつになりがちなのも問題と指摘している。
日本ではうまさだけでなく、声も姿も音楽も一体となって楽しまれるというのだ。
アニソンも典型で、J・ポップの先兵だったのかも。

藤岡藤巻と大橋のぞみの「崖の上のポニョ」は昨日始めて見たし、「パンコパ」も久しぶりに聞いたのだった。

【CD】崖の上のポニョ イメージアルバム 
価格:  2,800円  発売中 通販はコチラ

【CD】崖の上のポニョ 主題歌/藤岡藤巻と大橋のぞみ/崖の上のポニョ
価格:  1,000円  通販はコチラ
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

(ペ)スタッフ

Author:(ペ)スタッフ

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カテゴリー

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク