FC2ブログ

2008-03

時をかける少年

もう春だ。桜もちらほらと咲き始めている。進学も決まって少し浮かれていたのだろう。
薄暗かったとはいえ、あんなところで道路工事をやっているとは思わなかったのだ。
もう誰もいない工事現場に自転車で突っ込んでしまった。
「いてて、なんだよ、なんで日本は年度末に工事ばかりやってんだよ」
ぼくは立ち上がるとほこりを払った。大した怪我はなく、擦り傷くらいだ。
ハクモクレンの甘い香りが淡く香って、少しばかりの痛みも怒りも和ませてくれるようだ。
チェーンの外れた自転車を直すとふたたび家路に着く。
買ったばかりのDVDは大丈夫だったろうか、最終巻なのだよ。
見ると破損もなくやれやれだ。
ぼくは自転車に乗って家に向かい、街を走り始めた。
nanoSS_t.jpg
しばらく走ってぼくは突然気づいたのだった。
「ここはどこだ」
見慣れた街だけど少しずつどこかちがう、いつも行くコンビニもなくなっていた。
「タイムリープ?」そんなことがあるだろうか。
郵便受けに突っ込まれていた新聞を取り出し、日付を見た。1985年3月30日。ちょうど23年前だ。
DVDを買ってもうお金も残りわずかしかない。携帯も使えなかった。
まだ自分も生まれていない時代、どうすればいいのだろう。
DVDのオリジナル特典のテレカがあった。
あの店はたしか去年が25周年だった。
店長は大のSF好きだ、「時をかける少女」が好きで尾道にも行ったと話していた。
アニメ版も薦められて買ったのだった。信じてくれるだろうか…。
ぼくはもう一度、ペーパームーンに向かって走り始めた。

【DVD】魔法少女リリカルなのはStrikerS特設ページ
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

(ペ)スタッフ

Author:(ペ)スタッフ

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カテゴリー

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク